This is Iittala

フィンランド・イッタラ村の小さなガラス工場で生まれたもの。それは人々の日々の日常を明るく照らし、豊かにするなくてはならないものとなり、時代を超えて今に生きています。独特な個性を放ちながらも生活の中にとけこみ、使いやすいもの。そのデザインが持つ人の個性をあらわし、決して飽きがこないこと。それがイッタラの生み出すものなのです。

デザイン界の巨匠、カイ・フランクおよびアルヴァ・アアルトのプログレッシブな哲学は、今もイッタラがイッタラらしくあれるよう、息吹を与え続けています。美しいこと。しかし朽ちることはなく、顧みられなくなる時のくることのないタイムレスなデザインを、イッタラは追い求めています。

美しさと機能性のパイオニア

イッタラのルーツは、フィンランドの南部にある同じ名前の村でガラス工場を建設した1881年に遡ります。 当初イッタラは、ヨーロッパモデルに従って、吹きガラス、型押しガラス、磨きガラス、彩色ガラスおよび彫刻ガラスを作っていました。

20世紀初頭、食器類に様々な装飾が施されるようになりました。イッタラは、装飾本位のディナーセットを機能的かつ美しい、プログレッシブなスカンジナビアン・デザイン作品へと変えた最初の企業の一つでした。

時代の壁を打ち破る動きが沸き起こったのは、1930年代から40年代のモダニズム、ファンクショナリズムの芽生えとともにでした。それは当時、イッタラ・ブランドの開発を率いるアルヴァ・アアルト、アイノ・アアルトおよびカイ・フランクらパイオニア達の手によりもたらされました。彼らの信念は、デザインはすなわち思想であり、かつ誰にでも手に入るようなものにすべきだというものでした。イッタラ・デザインの哲学の基礎を作ったのはアールトとフランクのこの考えでした。すなわち、旧来の考えにとらわれず、美しさと機能性をすべての人のものにすることでした。

それはフィンランドのデザインに新しい地平を切り開き、1950年代および60年代にイッタラが率いるガラス製品のラインナップを変えました。イッタラのもたらす新しい美学と機能性は、フィンランドのガラス製品のデザインに影響を与える一方で、ほとんどの他の国は、まだ従来の広範囲に渡るガラス製品のラインナップを使っていました。シンプルでモダンなデザインは、重々しいカット・クリスタルに取って代わりました。

使い捨ての風潮に反旗を翻す

イッタラにとって核となる理念は、食事するとき、雰囲気を変えたいとき、また家にちょっとしたものをとっておきたいときなど、毎日の生活のどんなときにも、そこに楽しみと喜びをもたらす、美しく機能的で、丈夫な製品を提供することです。イッタラの商品は既に家にある他の商品だけでなく、他のシリーズとも組み合わせられるようにデザインされています。

人々は自分たちが手に入れるデザインを、一生に渡って使おうと思うのは当然だと私たちは思っています。また現代の人々は、飽きられることのないデザインの価値にますます気づきをおぼえるようになっています。イッタラは、高いクオリティを追求したものが時代遅れになることは決してないと考えています。クオリティを追及する努力が裏切られることはありません。イッタラのコレクションには新しいデザインだけでなく、80年以上もすでにあるデザインも含まれています。

すべてのIittalaシリーズを見る

本物のクラフツマンシップ

当社の製品は形は端正でシンプルですが、それらを作るのは簡単ではありません。。理想的な品質の製品を作るのにたくさんの人の手や材料、色および製造方法に関する知識が必要です。

当社はいつも可能な限り限界を押し進めてきました。経験を積んだ高度な技術を有するガラス吹き職人、デザイナーそしてその他の専門家が設計や製造過程のあらゆる部分で緊密に協力することは、これらの製品を生み出し、現在のIittalaにするには不可欠です。

革命的なデザイナー達

イッタラのデザインは、創業当時から道を切り拓いてきたパイオニア達の、プログレッシブな哲学がその価値を作っています。アルヴァ・アアルトとアイノ・アアルトの名前は、創業以来ずっとイッタラと結びつけられてきました。アルヴァ・アアルトはガラスを幾何学的な形から「解放」し、有機的で生きた形という印象を作り上げたいと思っていました。アイノもアルヴァ・アアルトも商品というものは、欠くべからざるもの、美しいもの、使いやすくそしてすべての人が手にすることができるべきものだと考えていました。

先見性とオリジナリティに溢れるデザイナー達と仕事を続けながら、同じ哲学を共有する世界中から新しいデザイナーを受け入れていることは私たちの誇りです。今もそしてこれからも、デザイナー達はイッタラのデザインの伝統を受け継ぎ、その将来を築いていきます。